AGAへの対策
2017.05.30

後ろ姿「あっ!俺、AGAかも」と思って、対策を立てようと考えてもなぜAGAになるのかというのを理解していないと、対策が出来ません。

まずは、なぜAGAになるのかという事から話していきましょう。
AGAの原因
1.遺伝
遺伝に関しては、自分自身の努力をするというのは不可能に近いですが原因の一つと考えられています。
2.男性ホルモンのバランス
男性ホルモンのバランスが偏りはじめ、男性ホルモンが多くなってくると頭皮の髪の毛が薄くなり、そのほかの胸の毛や、腕の毛が濃くなってくる傾向にあります。
3.ストレスの影響
AGAを引き起こす原因として、ストレスととも考えられています。
仕事や家庭の事で、職場の人間関係においては悩まれていない人はいないというほどだと思います。人は大なり小なりストレスを必ず持っています。これをゼロにするという事は皆無に等しいです。
そのため、ストレスを発散し自分を追い詰めず発散できるようになっていくとベストです。
ストレスがホルモンバランスを崩す原因とも考えられますので。
4.生活習慣について
自分自身、普段どのような生活を送られていますか?
朝起きて煙草を吸い、昼食にはこってりとしたラーメンや揚げ物などを食べ、夜遅く帰ってきて夜ご飯を食べる。
お休みの日には、昼直前に起床し、横になりながらテレビを見る。
特に運動はしません。
このような生活を毎日毎日送っていたら、体はどうでしょうか。
頭皮の問題だけでなく、体全体が心配になりますよね。

少しでもあてはまる方がいれば改善していきましょう。
生活習慣で、髪の毛によくないことは、バランスがとれていなく暴飲暴食などをする不規則な食生活。そして、過度な飲酒です。さらには男性ですと喫煙者も多いでしょう。喫煙は血管を収縮させるといわれている為、頭皮によくありません。
また、運動不足もそうです。体全体の血流を良くすることで、頭皮にも血液が流れ髪の毛もよい状態となります。そして睡眠不足に、先ほども上げたストレスも含まれてきます。
列記してしまいましたが、今のでもAGAになりやすい項目が6項目あります。
あなたはいくつあてはまりますか?
半分以上で黄色信号の警告です。
髪の毛が気になる前に、このような生活習慣を改善することにより、体全体の健康も維持できますし、実際に気になってきて生活習慣を改善できれば、髪の毛の発毛にもつながりますし、健康維持にもなります。

髪の毛は男にとって、最大のコンプレックスだと私は思います。
これを機に、体の中についても考えてみてはいかがでしょうか。

▲ ページトップへ